テーマ:歯列矯正

ホールディングアーチ こだわり編

 ボンディングベースといわれるホールディングアーチを歯に接着させる重要な部分です。通常はこのまま次の製作ステップ進んでしまうのですが、良く見ると歯の立体的な曲面に対してボンディングベースが平面的なため適合がよくありません。これだと、脱離の原因となり結果的に患者さんに余計な負担をかけてしまいます。  平面的なボンディング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホールディングアーチ (ループの適合)

前回に引き続きホールディングの作製の続きです。 ホールディングアーチは口蓋(上顎骨の内側、前歯の裏側のあたりですね)にフィットさせる必要があるので、ループを付与した主線をキチンと適合させる必要があります。ホールディングアーチは製作が簡単な技工物ですが、口蓋の粘膜から浮き上がっていると、分厚いホールディングアーチが出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホールディングアーチ(改正薬事法とインプラントアンカー)

 矯正治療、特にマルチブラケット(ブレースのことです)により矯正治療する場合に最も大きなポイントは、アンカーコントロールです。船舶を例に挙げて説明されることが多いのですが、要するに錨です。水面での船舶は風や波、水流によって流されてしまうわけですが、これを防ぐのが錨ですね。矯正治療でも、ワイヤー等の矯正力によって歯が勝手に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リテーナー

 春は卒業、進学、就職、移動等々、とかく慌ただしい日々をお過ごしの方も多いことかと思います。年度末は、師走とはまた違った慌ただしさがありますね。  さて、そんな慌ただしい時期をさらに忙しくするのがリテーナー(保定装置の事です)の製作です。写真はベッグタイプリテーナーと呼ばれるリテーナーの原型を、私が患者さんの歯列と歯周、口腔全体の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デーモンシステム (ブラケットの構造編)

デーモンブラケットの構造上の特徴は、 大臼歯部に使用する ありふれたコンバーチブルタイプのチューブと実は同じです。 ただ一つ大きな違いは、コンバーチブルタイプのチューブが キャップを缶詰の蓋のように開けることは出来ても 再び閉めることが出来なかったことです。 デーモンブラケットは、ワイヤーを通すスロットの上部を シャッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デーモンシステム

私が母校の矯正科に入局した当時は、 まだ、歯科矯正治療は特殊な技能の一つで あったように思います。 それでも、当時の大学医局の先輩達は、 ブラケットのダイレクトボンディングと 形状記憶合金ワイヤーの導入により、 術者の技能レベルを問わなくなりつつあると 話していたを覚えています。 そして現在、このデーモンブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矯正治療中の歯磨剤

矯正治療中の歯磨きは、 ブレースの周囲やワイヤーの下など 隅々まで丁寧に時間をかけて 歯ブラシをしていただく必要があります。 そのため、研磨剤や発泡剤の含まれてる歯磨剤や、 メンソール等の味付けの強い歯磨剤ですと、 歯や歯茎を痛めてしまったり、 泡立って汚れが見えにくくなってしまったり、 汚れが落ちていないのに …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more