リテーナー_#01

画像

リテーナーには幾つか種類があるのをご存知でしょうか?
画像は、クリアリテーナーと呼ばれるものを切り出しているところです。
透明な下敷きのような熱可塑性のシートを模型に圧接してして製作するのですが、大変技工コストが安く済み、透明なので目立たないということで患者さんもクリニックも大喜びなのですが、、、、これが意外な問題点も抱えています。
ご存知の方も多いかと思いますが、最近は、歯を安定させるリテーナーとしてではなく歯を動かす矯正装置として使用する場合もあり、やはり同じ問題点を抱えています。
歯科医の治療技術とその成果は、自身の技工技術と比例している部分が大きく、歯科大学の各科の実習のカリキュラムにも技工の二文字が必ず盛り込まれています。
そこで、クリアリテーナーをより理解して頂くために、まずはどのように製作されているか、その技工過程を順にご紹介いたします。
つづく


この記事へのコメント