ホールディングアーチ こだわり編

画像

 ボンディングベースといわれるホールディングアーチを歯に接着させる重要な部分です。通常はこのまま次の製作ステップ進んでしまうのですが、良く見ると歯の立体的な曲面に対してボンディングベースが平面的なため適合がよくありません。これだと、脱離の原因となり結果的に患者さんに余計な負担をかけてしまいます。


画像

 平面的なボンディングベースに歯の立体的な加工を施す事は難しいことでもなんでもありません。こうやって、歯科関係者なら誰でも持っているエバンスを使ってゴリゴリするだけでとても簡単に立体加工することが出来ます。ほんの僅かな手間をかけるかどうかの違いなのですが、、、、知らないのか手間を惜しむのか、、、


画像

 立体加工したボンディングベースが歯面の曲面にシックリと適合しているのがわかります。これで、ホールディングアーチの脱離と部分的な剥離の問題をかなり防ぐ事が出来ます。

画像

 主線をロー着したスケルトンの画像です。ボンディングベースが立体的に湾曲しているのが良くわかります。

画像

 口蓋部分にパラタルレストを付与して完成です。治療効率を上げるために、ボンディングベースの遠心側まで主線を延ばしてあります。これも、担当医自らが矯正装置を作製しているからならではのポイントで、それぞれの患者さんの歯並びの個性や治療メカニズムに合わせて、最適な矯正装置を作製することができます。
 矯正装置を自分で製作することで、その患者さんの治療システムをじっくりとイメージできることは、多忙な今でもとても大切な時間です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)