ホールディングアーチ (ループの適合)

画像

画像

画像

画像


前回に引き続きホールディングの作製の続きです。
ホールディングアーチは口蓋(上顎骨の内側、前歯の裏側のあたりですね)にフィットさせる必要があるので、ループを付与した主線をキチンと適合させる必要があります。ホールディングアーチは製作が簡単な技工物ですが、口蓋の粘膜から浮き上がっていると、分厚いホールディングアーチが出来上がってしまい、患者さんに治療中不快な思いをさせてしまうので十分丁寧に適合させる必要があります。技工所へ外注すると、主線が粘膜面から浮き上がっていることがよくあり、その点を指摘すると何とも不思議な言い訳で逃れようとするものです。主線の適合は腕とか技術ではなく単に時間をかけて丁寧に製作しているかどうかに尽きるので、仕事に対する姿勢がうかがえます。機能的にはさほど治療には影響はないものの、患者さんの不快感を増してしまうことは勿論の事、自分の納得の行かない技工物で治療を進めていくことは私にはとても出来ないので、最初から自分で作れば良かった等とブツブツ言いながら夜中ひとりで作っています。一般的には難しい物を外注すると言いますが、私の場合は逆で難しそうな物を外注すると、とても自分の納得のいくものが仕上がってこないので、ホールディングアーチのような簡単な物を外注しているのですが、簡単な物でも納得が行かない場合があるので困ったものです。


この記事へのコメント